読み込み中…

READY TO ROCK?

Click the button below to start exploring our website and learn more about our awesome company
探索を開始

なぜ女だけが毛のお手入れを強いられるのでしょうか

男の人は楽できて良いですよね。以前の事を思い出してみると私が小学生高学年の頃の事です。授業中にプリントを貰いにいった事がありました。それを私よりも先に受けとった男の子が言いました。「おまえの腕の毛って濃いね」と…。私自身そんなころの思い出やクラスの子の事なんてそこまで記憶にありませんが、この時の事は思いだすことが出来ます。あの時のことが私が毛のお手入れをするようになった原因となりました。エステティックサロンに行き時間とお金をたっぷり使えたら、私自身は最低限の部分だけ残し不要な部分は脱毛したいです。体の機能のことを考えたら、頭を守るためにある髪だとかフィルターの役割をしている鼻毛など重要な毛以外は不必要だと思っています。処理を忘れているところを気にするような事や、毛の濃さや毛穴の開きで悩まず、常につるつるの体でいられたらどれほど楽なのではないかなと思います。リアルな問題として脱毛サロンに通うのはむりなので、これからも無駄毛と戦って行かなくてはいけません。何もしなくても良い男性が非常にうらやましいです。

現在では定期的に行うようになったむだ毛の始末。妙齢の女性であれば、皆ワキや腕やスネの体毛の処理をどこかしらしているでしょうし、女の子ばかりで話していると、意気投合して意見交換ができるテーマでもあります。けれど、人によってむだ毛ケアをし始めた理由はたぶん違うはずです。むだ毛を意識し始めるのは、多感になってきた時期と重なります。小学校五年生になると、どの学校でも林間学校などがあります。となると、全員で入浴もするわけですよね。その際に、ほぼ初めて、同年齢女子のハダカを見る機会を得て、みんながみんな同じじゃないと知るのです。姉がいる人なら、すでにムダ毛処理について知っている子もいるでしょうが、殆どの子はよく分かってないですよね。あたしの場合も小学校5年の宿泊学習前に女子で集まって「かみそりを持ってくるのか」「カミソリを使った事あるの?」とか「とうとう剃ろうかと思ってるんだけどどうかなぁ」とか、男の子や親には秘密のストレートな相談を皆でしていました。あと、いよいよすねの産毛を剃刀で除毛してお風呂に脚を突っ込んだ時の、直にお湯が肌に当たる馴染みのない感触もまだ記憶に残っています。多感な時期には、三者三様個性的なエピソードが隠されている。ケアの方法に終始することに飽きたら、そういう話題でお喋りするのもいいですね。

わたくしはムダ毛のお手入れはいつも自分で毛抜きとか剃刀で剃ったり抜いたりしていました。でも元から敏感肌なので、腫れてしまったり、ヒリヒリしてしまったりといった事が何度もありました。そこで三年くらい前にサロンでの脇の脱毛施術をしました。2年くらい通ったのですが、完璧にムダ毛が無くなるという事はありませんが、毛の量もかなり少なくなったし、お肌もツルツルになったのでとってもうれしいです。心配だった痛みもほぼなかったし、脱毛の効果はかなり嬉しいものでした。 今は他の部位は脱毛処理をしていないのですが、Vゾーンやスネなども毎度の自己処理でお肌が傷ついているので、エステサロンでの脱毛をしようかどうかと悩んでいます。しかし1ケ所ずつエステで脱毛をした場合料金的にも高くなるので、どうせなら全部脱毛してもいいかなとも考えているところです。一気に出る金額は大きいですが、肌が荒れてそれにかかる費用を考えると、全身脱毛しちゃう方が楽なのかなと考えています。

人気の全身脱毛サロン>>キレイモ 吉祥寺

自分は暑い季節と変化なく、寒い季節もむだ毛の処理を施しています。頻度数も同様で一日も休むことはありません。一体全体どういう訳で頑張っているかというと、ただ単にムダ毛に悩まされているからです。ここ十数年ほどしょっちゅう無駄毛の対処を実行してきたのですが、剛毛さも衰えない、本数も変わらないためガックリしています。劣等感を持っていなかったならばなんでもプラス思考にもっていけるのでしょうが、わたしは「毛深い」ということが頭から離れず何をやっていても楽しくありません。最近は年のせいか、むだ毛などどうって事ないと思うようになり結構解放感が出てきたのだけど、そうは言っても旅行のお風呂や夏の洋服で露出度がアップするときには憂鬱になってしまいます。自力でいかにムダ毛処理をしても結果はいまいちということにもストレスを感じます。シェーバーで処理してもあっという間にチクチクしてきて、脱毛しても一週間ももたずにちくちくする毛になっていて、一生むだ毛は付きまとってくるんだなぁと思ってしまいとても悲しくなります。今に至るまで様々な種類のむだ毛ケア製品を試してきましたが、パパッとこの頭痛の種がなくなるほど自分のムダ毛は少量じゃないんだよねと自覚するようになりました。

なんでムネの毛をお手入れしないの?

この間友達と温泉に入りに行きましたが、そこで言い合いになりました。自分にはムネにちょっと無駄毛が生えています。うぶ毛程度だし、これまでとくには気になりませんでした。でも入浴後に友達に言われました。「なんでムネの毛をお手入れしないの?」って。自分としては「胸のムダ毛って処理するものなの?」と疑問に思ったのです。たしかに手や足・脇なんかのむだ毛をお手入れするのは当然です。人に見られてしまう箇所ですしね。でもムネのむだ毛なんて裸にならなければ表に出ない部分だし、ちょっとだけなら無駄毛のお手入れなんてしなくてもいいんじゃないのかなという考えなのです。お手入れしなくてもとくに友人に迷惑をかける訳でもないしと少し苛立ってしまいました。皆はムネの毛のお手入れをしているのでしょうか?通常はお手入れしておくものなのかあるいはこのくらいだったら放置して言ってもいいのか一般的な意見を教えて欲しいです。とっても気がかりです。

どうして体毛は、生えて欲しくない場所まで伸びてくるのだろうか。むかし「永久脱毛」に通っていました。三年間の脱毛プランだったのですが、二年余り受け続けた頃でも、むだ毛はある状態です。永久性のある脱毛処理をしてたつもりなのに・・。確かにちょっと減った気もしますが、何日か経つと、再度伸びはじめます。本当に参ります。自分で処理もしますがやはりそり忘れや目が届かない部分もあります。完璧なケアは出来ません。タレントさんなんかは、どうしてあれほど肌がつるぴかなのかしら?しっかりと脱毛処理に行っているのかなぁ。羨ましいばかりです。だいたい美容脱毛に通うのにも費用が掛りますし、もう手の打ちようがありません。私の大きなコンプレックスは、両脇のむだ毛なんです。剃刀処理を行っても3日も経てばチクチク生えてきます。深ぞりすればしたで、青くなっちゃうしみんなは、どの様に処理していますか?毛抜き処理は良くないとエステティシャンの方と話していました。無駄毛の事ばかり考えていてもしょうがないですよね。生まれつき沢山毛が生えてる人や毛が薄い人もいますよね。毛も個性なのかなあ。

むだ毛のお手入れは、自分でカミソリでおこなっています。だけど、無駄毛を処理する時には、なんだか面倒だなあと思います。それに、剃刀で処理をすると、確実にきれいになるとは言えません。ですので、常に不満を抱いてしまいます。そんなことから、エステティックサロンで行う脱毛処理に興味があります。だけど、いろいろと心配だと思う事もあります。たとえば、どのような手段で、毛を処理していくのかが全く想像つきません。更に、痛いのも怖いなという事も考えてしまいます。あと、どのくらい通うことになるのかも気にかかるところです。それと、金銭面のことも気になっています。やっぱり高いのかなあと考えてしまいます。これは、エステで脱毛をするにあたっての、一番気になっているところだと思います。ですが、全身の永久脱毛を行えば、無駄毛に関しての悩みがなくなります。それと、手間のかかるむだ毛のお手入れからも解放されると思われます。そんなことから、たくさんの心配事や経済的な問題を解決することが出来たら、脱毛サロンに通う事を考えたいと思います。

参考:シースリー 無料カウンセリング予約

ワキの下はエステに行きだしてから着々と脱毛施術が進んでいて、自宅でのお手入れも減少してきたのでスキントラブルも解決し嬉しい限りですが、このように1パーツでも綺麗に毛が無くなっていくとその他の部位の体毛が今まで以上に目に留まるようになってきました。それでもひじ下とかひざ下など、自身で見る事が出来る場所なら安全剃刀で手軽に処理できるから構わないんですが、難しいのはアンダーヘアです。根本的に肌が弱い箇所な上に、私自身ではチェックしづらくどうにも上手く除毛できません。そんななので残り毛が大量発生し、結局何遍も剃ることになる為、皮膚を傷つけてしまいます。かといって、除毛後に再度むだ毛が生え始めると短い毛の刺激とムズ痒さが不快で、またまたカミソリでケアするというような感じで肌荒れが悪化する一方です。繰り返し脱毛エステで施術を受けようかと悩みましたが、デリケートな部分なので少し抵抗感があるので、なかなか心が決まりません。ですが、脱毛サロンの特典チケットを利用して挑戦してみようかという気持ちになってきました。脇の下の時もはじめは抵抗がありましが、施術を受けたことによって今までのセルフケアで荒れていた皮フが何事もなかったかのように改善したので、セルフケアしづらい箇所もキレイになれば多分感激する事でしょう。後は早いところ自分の中で決心がつくといいのですが。

シェービングではない指の毛を対処する快適な対処法が知りたい

指先のむだ毛の処理はなんだかんだ集中してやります。そして少し緊張感も伴います。原因は指毛が生えているあたりの皺がある場所です。この場所にシェーバーが入り込んだらすごく痛そうだと想像してしまって、ビビッてしまうのです。しかし集中してビクビクしながら指毛の始末をするのはしんどいので、出来れば快適に除毛したいのです。シェービングではない指の毛を対処する快適な対処法が知りたいです。また今までは指毛をお手入れしている時に切った事はないのですが、もしかしてあの指先のムダ毛近辺の皮フのたるんでいる箇所に刃がグイッといく事はあり得ないのでしょうか?指の毛のケアとなると毎度気にして煩わしくなるので、この問題を解消したいです。指の無駄毛は日常生活の中でも意外と目に付くところですし、一杯生えているとどん引きされてしまいます。その様な場所なので、身だしなみの一環としてマメにケアをするのですが、効率的に安心安全に無駄毛のお手入れをする対処法があるなら聞きたいです。いまのケアのやり方はとにかく疲れてしまうのです。

私の場合むだ毛を主に毛抜き処理で対処します。無駄毛が発毛してくる箇所を気付いたら引っこ抜いてケアします。ツルツル肌でいたいので、その様にしているのだけど近ごろちょっとした「?」があるのですよ。何かというと何故ところにより「痛み」の度合いがちがうのかという謎なんです。あたしはとげ抜きを使った時に非常に痛みを伴う所とそうでもないところがあります。何がどうして違うように感じるのでしょう?実際に「手」にしたって手首に近い方のむだ毛を抜き取るのと手の指の毛を抜き去るのを比較してみても痛みが違う気がします。「指」に生えてる体毛の方がなんだか痛みを強く感じるのです。それと脚にしても、ひざ上の体毛を抜毛するよりもすね毛や指毛を抜き取る方が痛みレベルが高い感じがします。脇のムダ毛はそんなに刺激を感じないのに顔周りのむだ毛はすごく痛いです。こんな風になぜ痛みレベルが異なるのかなぁと気になって仕方ないのです。そんな気がしてるだけなのでしょうか?あるいはホントに刺激の受け具合に差異はあるんでしょうか?もし違うならどうして同じじゃなくなっているのかが非常に疑問です。

私は今度エステに行きます。ですがサロンに行く前に凄い不安になってきたいのです。エステに行く初日というのはカウンセリングというのをやるのですが、それを受ける時は何を持って行ったらいいのでしょうか?それが分らない為に不安になっています。おそらく予約のときに絶対いる物は言ってくれるとは思いますが、それ以外に持参した方がいいものはありますか?初回のカウンセリングが何をするのか分からない分、必要な物はちゃんと準備して行きたいのです。それが無いせいでへまをしたくないのです。自分は性格が完璧主義なので、そうしたことが気になってしまうのです。どういった物を持っていくのがいいのでしょうか?もし持参しなくて困ったりするようなものはありますか?不安で不安でたまりません。初回カウンセリングの前に心配し過ぎだと思いますが、へましたくないので、知りたいのです。ここ最近はそのカウンセリングのことで頭がいっぱいで、大変気にしているのです。

私は日頃からムダ毛処理をするときはかみそりか毛ぬきを使った処理を心掛けてやっています。他のお手入れ法は費用がかかってしまうし、お肌が荒れそうなのでやったことがありません。だけど女性用剃刀やトゲ抜きで処理する時に小さな問題が起こってしまうのです。それが血が出ることです。わたしは何かやり方が悪いのか、無駄毛の処理をしている時にサッとお肌を切ってしまって、出血してしまいます。ピンセットも力ずくで引っぱったら出血することがあってかなり痛みがあります。このことで悩んでいるのです。血が出るというのはどうしてなのでしょうか?正しいお手入れ法でやれば血が出ることはなくなるでしょうか?それともむだ毛の処理をすれば少しは血が出るものなのですか?自分は血を見るのも嫌な感じだし、なにより痛い思いをするのが嫌なので、血が出る問題を何とか対策したいのです。むだ毛のお手入れの最中にカミソリや毛ぬきを使う処理で出血しないようにするやり方が教えてほしいですね。全然ケガをしないでいつでもストレスなくムダ毛のお手入れをやりたいです。

無駄毛処理をやりたくないとストライキ

あたしはもう「痛さ」に苦しむのはイヤなんです。もともと「痛い」事がキライなので、ムダ毛の処理も泣く泣くやっています。むだ毛を引っこ抜く度に「いた!」と感じながらストレスが溜まるのは精神的にも参ります。なので無駄毛処理をやりたくないとストライキをしています。しかしケアしていないと遊びに行けない・・・。厚着の季節はまあいいとして暑い時期はお肌を晒す服装が少なくありませんよね。なのでやむなく無駄毛の始末を実行することになります。それがホントに苦痛で悩んでいます。痛さを伴うのが本当にストレスです。このために脱毛施術に魅力を感じているんですが、脱毛も脱毛でしっかり刺激はあるんですよね。どの位の刺激を感じるのかと考え出すとそう易々とは勇気が出ません。身体的苦痛が大嫌いだから脱毛施術を行いたいのですが、もっと痛いのかなと思うと迷ってしまうのです。だけどやはり無駄毛の始末に煩わされるのは嫌だから、脱毛処理をお願いしたいです。「痛みなし」で美容脱毛する最も良い脱毛方法を見付けたいです。金輪際痛さに耐えるのはゴメンなので、そのための脱毛を出来るだけ痛さを伴わないやり方で受けたいです。

今、脱毛したいなという気になっています。そんな気持ちになったのは熱心にむだ毛を抜いている時だったのです。あまりに時間を取っていることにムカついたのです。そして無駄毛処理の作業をしながら「これからもずっとこんなに時間をかけて無駄毛を抜き続けることになるのか」と考えたのです。そうやって考えたら不安と恐怖にかられました。大変時間の使い方がもったいないような気がしました。むだ毛処理をすることに疑問を持ったのです。それからむだ毛のお手入れの度にこの「不安感」を感じるようになったのです。いくつになってもきっとむだ毛は伸びてくるのです。こういった作業を年寄りになってもやり続けていくのかと思うとだんだん嫌になってきました。ムダ毛をお手入れする為に将来的に使う時間を割り出したらすごい時間になりました。この数字に恐ろしくなりました。そしてこれではいけないという風に思いました。ですので私自身は脱毛店などに行って脱毛したいと思うようになりました。この不安感から解放されたいのです。時間を有効活用しないと駄目だなと思ったのです。

私は容姿や体型は殆ど母親に似ていますが、なぜか髪の毛とか体毛は父親とそっくりなのです。子供の頃からからだの毛は濃くて、思春期にはすごく悩みました。体育での水泳の授業が一番嫌いで、うで、脚、特に背中は他人に見られたくありませんでした。何かを言われるような事はなかったのですが、やっぱり恥ずかしかったです。中学になると、クラスメイトは家で自己処理するようになったので、わたしも自宅で頑張りました。ですが、うでと脚の部分は問題ないのですけど、背中はなかなか自己処理出来ないところです。するとお母さんが「手伝ってあげるよ」と言い処理をしてくれたことがあったのですが、幼い心にも恥ずかしく、お手入れした貰ったのはその一回のみです。そんな私だけど、今では二児の母になり、ある程度歳をとったからなのか体毛も色が薄くなってきた気がします。こども達は私のお腹の所にある一直線に見える毛が好きみたいです。二人とも、私のお腹や背中を出しては、ピタッとくっついてきます。そのため、今では全く気にならないです。最近は剃って処理をするだけでなく、永久脱毛という手もありますが、取り敢えず私には不要なようです。