読み込み中…

READY TO ROCK?

Click the button below to start exploring our website and learn more about our awesome company
探索を開始

なぜ女だけが毛のお手入れを強いられるのでしょうか

男の人は楽できて良いですよね。以前の事を思い出してみると私が小学生高学年の頃の事です。授業中にプリントを貰いにいった事がありました。それを私よりも先に受けとった男の子が言いました。「おまえの腕の毛って濃いね」と…。私自身そんなころの思い出やクラスの子の事なんてそこまで記憶にありませんが、この時の事は思いだすことが出来ます。あの時のことが私が毛のお手入れをするようになった原因となりました。エステティックサロンに行き時間とお金をたっぷり使えたら、私自身は最低限の部分だけ残し不要な部分は脱毛したいです。体の機能のことを考えたら、頭を守るためにある髪だとかフィルターの役割をしている鼻毛など重要な毛以外は不必要だと思っています。処理を忘れているところを気にするような事や、毛の濃さや毛穴の開きで悩まず、常につるつるの体でいられたらどれほど楽なのではないかなと思います。リアルな問題として脱毛サロンに通うのはむりなので、これからも無駄毛と戦って行かなくてはいけません。何もしなくても良い男性が非常にうらやましいです。

現在では定期的に行うようになったむだ毛の始末。妙齢の女性であれば、皆ワキや腕やスネの体毛の処理をどこかしらしているでしょうし、女の子ばかりで話していると、意気投合して意見交換ができるテーマでもあります。けれど、人によってむだ毛ケアをし始めた理由はたぶん違うはずです。むだ毛を意識し始めるのは、多感になってきた時期と重なります。小学校五年生になると、どの学校でも林間学校などがあります。となると、全員で入浴もするわけですよね。その際に、ほぼ初めて、同年齢女子のハダカを見る機会を得て、みんながみんな同じじゃないと知るのです。姉がいる人なら、すでにムダ毛処理について知っている子もいるでしょうが、殆どの子はよく分かってないですよね。あたしの場合も小学校5年の宿泊学習前に女子で集まって「かみそりを持ってくるのか」「カミソリを使った事あるの?」とか「とうとう剃ろうかと思ってるんだけどどうかなぁ」とか、男の子や親には秘密のストレートな相談を皆でしていました。あと、いよいよすねの産毛を剃刀で除毛してお風呂に脚を突っ込んだ時の、直にお湯が肌に当たる馴染みのない感触もまだ記憶に残っています。多感な時期には、三者三様個性的なエピソードが隠されている。ケアの方法に終始することに飽きたら、そういう話題でお喋りするのもいいですね。

わたくしはムダ毛のお手入れはいつも自分で毛抜きとか剃刀で剃ったり抜いたりしていました。でも元から敏感肌なので、腫れてしまったり、ヒリヒリしてしまったりといった事が何度もありました。そこで三年くらい前にサロンでの脇の脱毛施術をしました。2年くらい通ったのですが、完璧にムダ毛が無くなるという事はありませんが、毛の量もかなり少なくなったし、お肌もツルツルになったのでとってもうれしいです。心配だった痛みもほぼなかったし、脱毛の効果はかなり嬉しいものでした。 今は他の部位は脱毛処理をしていないのですが、Vゾーンやスネなども毎度の自己処理でお肌が傷ついているので、エステサロンでの脱毛をしようかどうかと悩んでいます。しかし1ケ所ずつエステで脱毛をした場合料金的にも高くなるので、どうせなら全部脱毛してもいいかなとも考えているところです。一気に出る金額は大きいですが、肌が荒れてそれにかかる費用を考えると、全身脱毛しちゃう方が楽なのかなと考えています。

人気の全身脱毛サロン>>キレイモ 吉祥寺

自分は暑い季節と変化なく、寒い季節もむだ毛の処理を施しています。頻度数も同様で一日も休むことはありません。一体全体どういう訳で頑張っているかというと、ただ単にムダ毛に悩まされているからです。ここ十数年ほどしょっちゅう無駄毛の対処を実行してきたのですが、剛毛さも衰えない、本数も変わらないためガックリしています。劣等感を持っていなかったならばなんでもプラス思考にもっていけるのでしょうが、わたしは「毛深い」ということが頭から離れず何をやっていても楽しくありません。最近は年のせいか、むだ毛などどうって事ないと思うようになり結構解放感が出てきたのだけど、そうは言っても旅行のお風呂や夏の洋服で露出度がアップするときには憂鬱になってしまいます。自力でいかにムダ毛処理をしても結果はいまいちということにもストレスを感じます。シェーバーで処理してもあっという間にチクチクしてきて、脱毛しても一週間ももたずにちくちくする毛になっていて、一生むだ毛は付きまとってくるんだなぁと思ってしまいとても悲しくなります。今に至るまで様々な種類のむだ毛ケア製品を試してきましたが、パパッとこの頭痛の種がなくなるほど自分のムダ毛は少量じゃないんだよねと自覚するようになりました。